ヒッチハイクで東京~大阪間の攻略法【完全版】

ヒッチハイク

こちらの記事は

✔ヒッチハイクを始めようとしている方

✔今ヒッチハイクをしている最中の方

✔ヒッチハイクがしたいけど不安な方

 

に向けて東京~大阪間の高速道路の攻略と各SAの特徴について紹介していきます!!

初めての方でも理解が深まるようにしっかり要点を抑えていきますね!

出発地点について

東京からの出発地点は有無を言わずヒッチハイクの聖地「用賀駅のマクドナルド」でしょう!

用賀駅から徒歩10分程の場所にあり、東京からヒッチハイクをするなら間違いなくここしかないと言われている場所でヒッチハイカーなら誰もが知っている場所です。

大阪からは大体2種類くらいだと思います。

一つ目は梅田駅付近の中之島IC付近からのスタートです。これから高速に乗るであろう車を待ちます。信号待ち付近や車が止まりやすいスペースがある場所だと乗せてもらいやすいでしょう。逆に車が止まれないような一車線しかない道路で待っても後続車の迷惑になると考えられ乗せてもらえない確率が上がります。

二つ目は一般道からの出発が不安な方にオススメのサービスエリアからのスタートです。大体のサービスエリアは一般道から進入可能であり難しくない場合がほとんどです。大阪でオススメのサービスエリアはJR京都線「岸辺駅」から徒歩10分程にある「吹田サービスエリア」です。大阪府内では上位に入る大きなサービスエリアですし、設備も整っていてヒッチハイカーをよく見かけます。

出発地点は正直どこでも大丈夫ですが、最初の目的地は明確にしておきましょう。

東京からのスタートなら「海老名サービスエリア」(神奈川県)、「足柄サービスエリア」(静岡県)、大阪からのスタートなら「土山サービスエリア」(滋賀県)、「刈谷パーキングエリア」(愛知県)が有名どころでは妥当だと思われます。

乗車時間は2~2.5時間くらいがドライバーさんも安心して乗せられる時間でしょう。

目的地設定について

ちなみに、目的地を最終ゴールの地名でヒッチハイクすることはオススメできません。

また曖昧な「関西」や「関東」などの明確ではない目的地だと止まってくれる車は減ってしまうように思えます。
目的地が曖昧なヒッチハイカーは乗せづらくかえって迷惑になってしまう可能性があるからです。

それではどういった目的地を書けばいいのかというと、中距離かつ明確な地名や場所が良いと言えるでしょう。サービスエリアの名前や途中にある都市名などわかりやすい設定をしましょう。

ヒッチハイカー初心者は特に、よく知らない人と同じ空間に長時間いると疲れてしまう事があるでしょう。ドライバーさん側も同じです。会話も続かなくなってしまうこともありますからね。

各拠点サービスエリアについて

目的地はサービスエリアの名前か地名が良いとお伝えしましたが、ここでは主要で有名なサービスエリアについて紹介していきましょう。

東京大阪間のヒッチハイクで通過する都道府県は神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府の6府県です。この道中で有名で車が多く出入りすると考えられるサービスエリア、パーキングエリアは8つです。

神奈川県

【海老名サービスエリア(東名高速道路)】★★★★★

日本でトップレベルのサービスエリアです。かなり有名でグルメやショッピングでも、雑誌やメディアに紹介されているので、人の集まりや車の出入りでは安心できます。ヒッチハイカーとしては好条件なサービスエリアと言えるでしょう。

静岡県

【足柄サービスエリア(東名高速道路)】★★★★

静岡の東に位置する大きなサービスエリアです。人の出入りもよくスターバックスコーヒーもあるので多くの方がここで休憩することが考えられるでしょう。

 

【浜名湖サービスエリア(東名高速道路)】★★★★★

このサービスエリアで有名なのは景色がいいということです。開放感のある広場もあり、休憩する場合にはかなりオススメの場所と言えるでしょう。人の出入りも見込めます。上下線集約なので待つ場所には気を付けましょう。

 

【駿河湾沼津サービスエリア(新東名高速道)】★★★★

昼間は駿河湾、夜間は沼津市街の夜景を一望できるロケーションにあり、海老名サービスエリアの約1.5倍の敷地面積があるため人気のサービスエリアになっています。また、新東名高速道路のサービスエリアでは唯一富士山が眺望できます。

 

愛知県

【岡崎サービスエリア(新東名高速道路)】★★★★

大きいサービスエリアで上り下り共に同じ建物に併設されているので、待つ場所を間違えたら逆方向に行ってしまいます。食事やサービスも充実していて人もかなりいるので安心できます。

【刈谷サービスエリア(東名高速道路)】★★★★★

大きいサービスエリアでパークウェイオアシスという施設が併設されていてドッグランや観覧車などもあり充実しているので人も多く集まります。食事やショッピングもできるので休日にはかなり賑わっています。ここで中距離移動できる車を見つけるのもいいでしょう。

滋賀県

【大津サービスエリア(名神高速道路)】★★★

中型のサービスエリアでオシャレな雰囲気があります。車の出入りも少なくないので降ろしてもらって困ることはないでしょう。

京都府

【桂川パーキングエリア(名神高速道路)】★★★

他のSAなどに比べて小さめですが、京都府内で休憩となればこのパーキングエリアになると思われます。京都府内で降ろしてもらうならこのパーキングエリアがいいでしょう。

最後に

サービスエリアやパーキングエリアで降ろしてもらうとしたらできるだけ大きく人が集まりやすい場所を選びましょう。

また、パーキングエリアよりサービスエリアの方が人が集まりやすい傾向にあると思います。駐車場の車両収容可能数やトイレの数、スタバなどのカフェの店舗があるかないかでも見ておいた方が待機時間は変わってくると思います。

ヒッチハイクを初めてするとなると、不安材料ばかり思いついてしまいがちですが、いざ出発すれば新しいことばかりで不安もなくなります。今しかできない経験を味わいましょう!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました